患者数約70万人の関節リウマチ 女性に多いが男性患者増加中

関節の滑膜に炎症が起こり、手指のこわばりや関節痛、腫れなどが起こる関節リウマチは、女性に多い病気ですが、最近20~50代の男性患者がじわじわ増えているというニュースがありました。

患者数約70万人の関節リウマチ 女性に多いが男性患者増加中
http://news.ameba.jp/20131130-210/

記事によると、全国的な患者数は約70万人で30~60代の働き盛りに多い病気ですが、その中でもかかりやすいのは女性と言われていました。しかし近年、20~50代の男性患者も少しずつ増えてきているとのことです。

発症原因は遺伝要因に加え環境要因、特にタバコの関与が指摘されており、これが男性患者増加原因の一つでは無いかと思います。

初期症状としては、起床時の手指のこわばりが1時間程度続いたり、首・肩・指・手首・股関節・膝・足首などの関節痛や腫れの多発、また、微熱・食欲不振・だるさ等の前身症状を伴う事もあるそうです。

一見すると仕事疲れや栄養不足の一時的な疲労・体力低下でありがちな症状のようで、私自身こう言った身体の異常は時々感じるのでもしやリウマチの危険性が?と不安になってしまいます。

そんな関節リウマチ、重症になると関節が壊れ、日常生活に支障を来たしてしまうようになります。一度壊れた関節は再生しないので、人工関節に置き換えたり炎症によって切断された腱を手術で修復する必要がでてきてしまいます。

あまり痛みを気にしない人は気付かずにいてしまいそうな病気で、気付いた時には手遅れに、なんて事になりそうでとても恐ろしいです。

従来関節リウマチによる関節の破壊は数年かかるものとされており、それに合わせて抗リウマチ薬も弱い物から強いものへと変えていく治療が行われてきましたが、近年の研究で関節の破壊は数ヶ月で始まると言う事が判明し、強い抗リウマチの薬を早期から使うようになったそうです。

また、MRIやエコーによって炎症の早期発見も可能になり、正確な治療を施せるようになってきたそうです。

こうやって治療も進歩をしている、と思うと何だか少し安心しますね。

関節が壊れてしまってからでは遅すぎます、二週間以上手指のこわばりや関節の痛みが続く時は、しっかりと専門医の診療を受けましょう。

サッカーで膝が痛いのはどうすれば良い? 知っておいてほしいこと

一般的に、サッカーは非常に激しいスポーツです。

どの程度のレベルでこの競技を行うのかにもよりますが、体のいろいろなところに負担がかかります。その中でも特に酷使するのは、やはり膝であると考えられます。

一流のアスリートはもちろんのこと、愛好家のレベルであっても、膝に障害を抱えている人たちはたくさんいます。

サッカーを行っている人たちに多くみられる膝の障害としてはいくつかありますが、代表的なものとして、内側側副靭帯の損傷、半月板の損傷などがあげられます。

これはサッカーという競技が急激な方向転換などを繰り返すことが多いことと強い関わりがあるといわれています。

競技やトレーニングの前にたとえ十分なフォーミングアップなどを行っていたとしても、これらの障害を完全に防ぐのは難しいと考えられています。

実際にサッカーをしていて膝が痛くなった時には、いくつか守らなければならないことがあるわけですが、まずは前提条件として、しかるべき医療機関を受診し、正確な診断を受けるということが何よりも大切になります。

靭帯や半月板というのは、レントゲンには写らないものですから、診断を確定させるためには、MRIなどの特殊な画像診断を受けなければなりません。

最終的にこのような膝の障害が明らかになった時には、やはり競技やトレーニングは中止し、完治するまで専門医のもとで治療を受けることが求められます。靭帯や半月板の損傷が激しい時には、手術が必要になることもあります。

その場合には手術後にサッカーを再開できるかどうかは、適切なリハビリテーションを受けるかどちらにかかっています。

サイクリングや運動後の膝の痛みの主な原因と対処法について

最近、サイクリングやウォーキングをして健康維持に努めている方が増えていますが、いきなり無理をしてしまうと体を痛めてしまいます。

とくにサイクリングは膝への負担が大きくサイクリング骨、軟骨に影響を及ぼします。

さらに30歳を過ぎると徐々に衰え始めますが、原因としては軟骨同士の摩擦により、軟骨がすり減っていくことにより膝への負担が掛かってしまい痛みを伴います。

軟骨は再生することは無い為、すり減ってしまうとひたすら減るだけで再生することができません。

さらに体重が掛かる部位であるため、ペダルを漕ぐたびに衝撃がかかり一度本格的に痛めてしまうとなかなか自然治癒が難しいパーツの一つでもあります。

痛めてしまう前の対処法としては、十分なストレッチなどの準備運動をしっかり行うことも対処法の一つですが、最近ではサプリメントで補うことも可能です。

最も関節に効果のあるものとして、よく聞くのはグルコサミンです。

グルコサミンは、実は人間の体内にもともと含まれる成分であり、主に関節などの動きを滑らかにする、いわば潤滑油のような役割をするものです。

サプリメントを摂取することによって取り入れることも可能ですが、実は身の回りにある食品からもグルコサミンを摂取することが可能です。

それは牛、豚、鳥の軟骨に多く含まれます。軟骨にはコラーゲンも含まれる為、健康食品として注目を集めています。

さらに山芋にも多くのグルコサミンが含まれていますので、こういった食品を意識して取るのが膝の痛みの予防になると思います。