スポーツや日常生活で急に膝の裏側が痛くなった原因と対象法について

痛みはいきなり襲ってくるものです。スポーツをしていても急に痛めることもあれば、日常生活でいきなり痛めることもあります。

今回は急に膝の裏側が痛くなった原因と対処法についてのお話をします。

膝の裏側が痛くなる原因としては、複数の理由があります。度重なる激しい負担で関節炎などが起こり、炎症が起こっている場合もあります。

また、こむら返りなどにより、足がの筋肉が伸びきって釣ってしまっている場合などもあります。そして、膝の軟骨がすり減ってしまってクッションの役割がなくなり、骨同士が当たって痛みを与えている場合があります。

原因としては、大まかにこれらがあります。

そして、対処法としては、関節炎が起こってしまっている場合には痛み止めを服用して痛みと炎症を抑える必要があります。そういった対処をしつつ、後は痛めたところを使わないように安静にしていれば、自然に治っていきます。

こむら返りが原因で急に膝の裏が痛くなった場合には、芍薬甘草湯などが、非常に効果的です。芍薬甘草湯はこむら返りに効果のある漢方薬になっており、治療にお予防にも使えるもになっています。

そして、軟骨がすり減ってしまい怒っている場合には、痛み止めの服用と共に軟骨成分を摂取する必要があります。そうすることで、軟骨の再生や潤滑液の再生が可能になり、痛みは次第に緩和していきます。

Comments are closed.