サッカーで膝が痛いのはどうすれば良い? 知っておいてほしいこと

一般的に、サッカーは非常に激しいスポーツです。

どの程度のレベルでこの競技を行うのかにもよりますが、体のいろいろなところに負担がかかります。その中でも特に酷使するのは、やはり膝であると考えられます。

一流のアスリートはもちろんのこと、愛好家のレベルであっても、膝に障害を抱えている人たちはたくさんいます。

サッカーを行っている人たちに多くみられる膝の障害としてはいくつかありますが、代表的なものとして、内側側副靭帯の損傷、半月板の損傷などがあげられます。

これはサッカーという競技が急激な方向転換などを繰り返すことが多いことと強い関わりがあるといわれています。

競技やトレーニングの前にたとえ十分なフォーミングアップなどを行っていたとしても、これらの障害を完全に防ぐのは難しいと考えられています。

実際にサッカーをしていて膝が痛くなった時には、いくつか守らなければならないことがあるわけですが、まずは前提条件として、しかるべき医療機関を受診し、正確な診断を受けるということが何よりも大切になります。

靭帯や半月板というのは、レントゲンには写らないものですから、診断を確定させるためには、MRIなどの特殊な画像診断を受けなければなりません。

最終的にこのような膝の障害が明らかになった時には、やはり競技やトレーニングは中止し、完治するまで専門医のもとで治療を受けることが求められます。靭帯や半月板の損傷が激しい時には、手術が必要になることもあります。

その場合には手術後にサッカーを再開できるかどうかは、適切なリハビリテーションを受けるかどちらにかかっています。

Comments are closed.