膝を守るための生活習慣や食事の注意

中高年以降になると、身体の様々な部位に痛みが出るようになる人が増えます。

この痛みの原因の殆どは関節痛です。日本人約8割の方がこの関節痛を感じていると言われていますが、中でも多いのが膝の関節痛による痛みです。

膝に痛みが発症しやすいのは、体を支えている足の部分で体重の大部分の負荷がかかっているからです。

中高年になってから起こりやすい理由は、老化に伴って関節軟骨が磨り減ったり、骨粗鬆症になったり、免疫力の低下で関節が炎症してしまうことが主な理由です。

では、どうすれば中高年の方が膝の痛みに悩まされることがなくなるようにできるのか、紹介していきます。

まず、中高年の方が膝の痛みに悩まされないようにするのに気をつけることとしては筋力低下を防ぐことです。

痛みが出てしまわないように運動不足でいると、筋力が、ますます落ちて膝にかかる負担が増えてしまいます。予防方法としては足腰を鍛えるための筋力トレーニングが効果的です。

ただし、あまり負荷のかかるものは逆効果になるので、ウォーキング、ジョギング、自転車こぎなど軽めの有酸素運動が膝の痛み予防に役立ちます。

それと忘れてはいけないのが、運動前の関節の柔軟性を高めるための柔軟体操、ストレッチング運動です。膝の負担を極力避けるのに必須です。

それから食生活の改善も膝の痛みに悩まされないようにするには大切です。

なぜなら肥満の方の方が、膝に負担をかけやすく膝の痛みを発症しやすいからです。食生活で気をつけることは暴飲暴食しないこと、栄養のバランスを考えた食生活を気をつけるのが基本になります。

これを気をつけるだけでも十分体重はコントロールできます。

最近は食の欧米化が進んでいますが、もし自分の食事がそうなっていたら和食中心にするだけでも効果があるので、実践しましょう。

さらに膝の痛みを和らげてくれるものとして有効なのが「膝の痛みを和らげるサプリメント」です。

関節や骨を保護したり、細胞組織に栄養や水分を与えてあげて損傷した骨を元気にしてくれます。成分としてはコンドロイチンやグルコサミン、メチルスルフォニルメタンなどが関節痛にとくに効果のある成分となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です