関節痛の原因は?

関節痛になってしまう2大原因とその症状と予防方法についてです。

関節痛の原因は色々と考えられますが、一つ目に考えられるものは変形関節症です。

変形性関節症は関節が変形してしまう病気でありますが、病気というよりも老化によってなる人が多いのが特徴です。関節部の軟骨が日頃から使っている事によって減ってしまい、骨の接触部分が変わって関節痛と繋がります。

しかしこれは老化だけではなく、特に膝の関節痛の場合には肥満でも同様の事が起きやすく、体重が通常よりも膝に掛かりやすくなるので変形性関節症になりやすくなります。

肥満の人は食事管理をしっかりとする事で予防や進行を防ぐ事ができます。そして変形性関節症と並んで関節痛の原因となりうるのがリウマチです。

リウマチは免疫に異変が起こる事によって、本来は自分の体を守るべき免疫が異変によって自分自身を攻撃してしまいます。

症状としては、複数箇所の関節に痛みや腫れが出てきます。

このリウマチというのは、出産をする事によって発症する事が多い為に、女性がなるケースが多いのが特徴です。その他にもストレスなどでも起こる為に、変形関節症とは違い若くして発症する事が多いのです。

リウマチは遺伝によってもなる事が多く、家族にリウマチが発症しているとなる可能性が高まります。

症状が出てきた時には腫れだけである事が多く、外傷によるものと勘違いしがちで、対処を間違ってしまう事によって症状が進行してしまいます。

その為に関節が痛みを感じたのであれば、特に女性はしっかりと診断を受ける事が重要です。

関節痛には主に二つの要因が大きいですが、早めに治療をする事で進行や痛みを和らげる事ができます。