どうして膝が痛くなるのか?

どうして膝が痛くなるのか?膝が痛くなる理由は、加齢や酷使、そして体重など様々な要因が挙げられます。

膝が痛くなる理由は人、それぞれです。

年齢を重ねることによって、膝関節の軟骨が磨り減ってクッションの働きをせずに痛みが生じるようになったり、若い人であっても膝の屈伸運動が多いテニスやバスケットボールをハードにプレーすることによって、膝関節が酷使されることになり、炎症を起こして痛みが出ますので、様々な要因が複合的に関与しているケースが多いです。

まず、高齢になると整形外科などで変形性膝関節症と診断されることが増えます。

膝周囲の筋肉が衰えてきますので、膝関節への負担が大きくなるため、軟骨の弾力がなくなり、骨や神経に直接刺激がいきます。

そうなると歩行をするだけでも膝が痛み、さらに運動不足となって筋肉がさらに衰えるという悪循環に陥ります。

中年世代に多い原因として肥満があります。

体重が増えれば増えるほど、大きな荷物を背負って歩行したり、階段の昇り降りをしていることになりますので、それだけ膝に負担がかかります。

そのため、高齢になる前に膝の軟骨が早く磨り減り始めてしまうのです。女性であればハイヒールを履くことでO脚や外反母趾を引き起こし、その結果膝が痛むこともあります。

中学生や高校生でも膝の痛みを訴えて、整形外科へ通っている人も少なくありません。

学校の部活や体育の授業において、しっかりと準備運動がなされていなかったり、無理な体勢をとったために急激に炎症を起こしてしまうのです。

また、毎日のようにトレーニングをしていると膝の状態を回復する時間がないため、慢性的な痛みをかかえるようになってしまいます。