コンドロイチンとは?

コンドロイチンは、正式名称をコンドロイチン硫酸といいます。

コンドロイチンとは、アミノ酸(ムコ多糖類)の一種として知られ、私たち人間の体内にも含まれていて、関節や骨同士の円滑性やクッション性などの役割を担っています。

しかし体内で不足しくると今度は逆にそういった部分に痛みが生じ始めてきます。

膝の痛みや関節痛などのお悩みの方に中には、このコンドロイチンが不足してきているという方が多いです。特にご高齢の方にはそういった問題が生じやすいです。

コンドロイチンを摂取する方法には主に食品から摂取する方法と、サプリメントによって摂取する方法の2種類があります。

食品から摂取する場合は、鳥の軟骨、うなぎ、なまこ、ふかひれ、すっぽんなどから摂取することができます。それ以外にも含まれていますが、上記の様な食品には豊富に含まれています。

1つのサプリメントによって摂取する場合は、安全性に注意して選んでいきましょう。天然成分で作られているかどうかというのが、他のサプリメントを選ぶ際と同様で重要です。

またコンドロイチンはグルコサミンと相性が良く、両方とも摂取できる場合は合わせて摂取する事で、より効果が高められます。

コンドロイチンの効果や、効能

コンドロイチンは、関節や骨まわりの他にも、皮膚や脳など体中の至るところにその存在を見ることができる、人体にも欠かせない成分の一つです。

サプリメントとして大きく知られるようになったコンドロイチンですが、そのずっと前から医学的にも様々な治療で投与されることがあり、注射の薬剤としても関節痛や腰痛の緩和や治療に多く使われています。

一般に販売されている薬にも神経痛の治療薬などに用いられており、極めて身近な場所で活躍するものなのです。

関節痛や神経痛になぜ効果を発するのか。

それはコンドロイチンが、元々人間の体の動きをサポートする部分に含まれていることに由来しています。

人の体内にあるコンドロイチンは、関節と骨や筋肉の間でクッションのような役割をしているものなのですが、それは年をとることに磨り減り減少していきます。

そうしてサポート成分が失われていくことで、関節痛や肩こり、腰痛といったものが発症していくようになります。

その失われたコンドロイチンをもう一度体内に取り入れることで、筋肉や靭帯などの柔軟性、耐久性を再び高め、コンドロイチンが減少する前の状態に戻すことが、根本的な治療につながるというわけです。

また保湿性にも優れたコンドロイチンには、体内で水分をコントロールするという役割もあり、肌の健康などにも広く効果を発しています。同時に血液や血管などでも働き、動脈硬化などを抑える効能も果たしています。

人間の健康に欠かすことのできない成分、それがコンドロイチンなのです。

納豆やうなぎなどのネバネバした食材に多く含まれるコンドロイチン

その例として、関節や軟骨、骨組織、靭帯などが挙げられます。さらに皮膚や血管をはじめ、多くの組織や臓器の形成にも関わっています。

コンドロイチンの特徴は、潤滑力や保水力に優れていることです。そのため、体内の組織に弾力を与え、柔軟性を増す働きがあります。

さらに摂取した栄養分の消化や吸収をスムーズにし、細胞の新陳代謝を助ける効果もあります。その上、関節や軟骨においては緩衝材の役割を担っており、円滑な動きの維持や促進に役立っています。

体内におけるコンドロイチンの生成量は、加齢と共に減少していきます。ですから、コンドロイチンを多く含む食材を摂取し、欠かさず補給する必要があるのです。

こうした食材としては、どじょう・スッポン・つばめの巣・うなぎ・ふかひれ・なまこなどがあります。また、納豆・オクラ・海藻類・なめこ・山芋・里芋・モロヘイヤなども、コンドロイチンを含む食材です。

そしてサメの軟骨は、コンドロイチンの含有量が非常に多いものです。ただし毎日の食事に取り入れるのは難しいというデメリットがあります。

そこで、主にサプリメントや健康食品の原料として利用されているのです。

このように、コンドロイチンはいわゆる『ネバネバ食材』に含まれているのが特徴です。これらの食材を利用する時には、粘り気を除去せずに食べるのが効果的です。

比較的安価で入手しやすい食材を選び、日々の食生活に取り入れれば、コンドロイチンを無理なく補給できることでしょう。

コンドロイチンを摂取する事によってが引き起こる副作用の種類と可能性

膝痛や関節痛などの改善の効果が指摘され、最近よく取り上げられるコンドロイチンですが、このコンドロイチンについて副作用を心配される方もいます。

どんな栄養成分あるいはその他の成分においても、副作用の問題というのは摂取する前に必ず知っておくべき問題です。特にサプリメントで摂取する場合は、極めて重要です。

ではコンドロイチンにおいてはその副作用の問題はどうなのかという事ですが、結論から申し上げますと、現在のところそういった問題は指摘されていません。

その主な理由は元々私たち人間の体内に含まれている成分だからというのが、1つの大きな理由です。

しかしだからと言っていくらでも摂っても良いというわけではないので、過剰摂取はしてはなりません。

もし過剰摂取によって副作用が起こるとすれば、吐き気や下痢などの問題が起こる可能性が指摘されていますので、そういった問題が発生した場合は過剰摂取の可能性があります。

それからコンドロイチンという成分は、エビやカニなどの甲殻類に多く含まれている成分です。

それ故にエビやカニを主原料としたコンドロイチンサプリメントを、何のアレルギーもない方が摂取した場合は、先ほど申し上げました通り副作用が起こる可能性が低くても、甲殻類アレルギーをお持ちの方がそれらを主原料としたサプリメントを摂取した場合は、体に合わない事もあります。

その場合は植物由来のサプリメントからでもする事が摂取できます。

また、血糖値が高い方は服用してはいけないとなっています。コンドロイチンを摂取しても血糖値が高くなるわけではありませんが、危険がある可能性もあり、使用を控えるべきとのことです。

他にワーファリンを使用している方がコンドロイチンを服用すると、出血が止まらなくなる可能性があります。

またコンドロイチンの一日の摂取量は10g前後で、それを超えると吐き気や腹痛を起こす場合があります。さらに喘息もちの方の場合は症状を悪化させる危険性もあります。

これ以外に妊娠している方や授乳中の方、手術をしたばかりの方も摂取を控えた方がいいといわれています。

コンドロイチンを含むサプリメントの選び方や注意点について

コンドロイチンを含むサプリメントの選び方や注意点は複数あります。

まず一つは選び方についてですが、日本でのコンドロイチンのサプリメントは鮫を原材料としている場合が多いです。

しかし鮫を原材料としたものよりもブタや牛を原材料としたコンドロイチンのほうが、関節痛には効果的です。

他に安全性のために品質管理がしっかりとしている会社のものを選ぶことが大切です。安全度が高いのは製薬会社が出しているサプリメントです。

またコンドロイチンは、グルコサミンと一緒に取ることで効果が上がることが研究で明らかになっています。コンドロイチンサプリメントの選び方として、グルコサミンの成分があるかを確認することも一つのポイントです。