膝を守る方法

ここでは、膝を守る方法をいくつかご紹介いたします。

膝へテーピングする事による傷みに対する効用と注意点について

膝は体の中でも非常に大きな力が掛かる部分です。負荷を軽減させる構造にはなっているのですが、それにも限界があります。

年齢と共に痛みが出てきたり、若くともスポーツなどの強い負荷によって故障してしまう場合があるのです。

そんな時に用いられるのが膝へのテーピングです。

テーピングには、まず痛めた膝の保護、そして故障の予防という2つの側面があります。膝を適度に固定する事で、膝への負荷を軽減させてくれるのです。

膝の固定という点ではコルセットやニーブレスなどもあります。しかしテーピングが優れているのは、巻いたあとも全方向へ可動出来るという点です。

自然な動きが制限される事なく、なおかつ膝への負荷が軽減されるのです。

またサポーターと比べても、固定力をその時の状態によって調節出来るというメリットがあります。手軽さではサポーターに軍配が挙がりますが、テーピングの柔軟な補助力に適うものではありません。

さらに巻き方も研究されていますので、膝の痛みの出る場所・痛みの出る方向・痛みの度合いによって変える事が出来ます。

ただし、膝へのテーピングはあくまで膝への負荷を軽減させるもので、痛み自体を取り去るものではありません。

テーピングをしているからと言って、それまで通りの負荷を膝に与えてしまっては、痛みが軽減されないばかりか悪化する事もあります。

膝の状態が改善するまでは、テーピングをしていてもなるべく膝に負荷を掛けないようにする事が大切です。

しっかり選ぶなら、膝サポーターを付けることで膝の痛みを和らげられます

膝の痛みに悩んでいるという人は少なくないはずです。お医者さんに行って治療をする人もいるでしょうし、痛みを我慢するという人も少なくありません。

そもそも膝の痛みの要因として多いのは、膝を支える6本のじん帯が何かの原因で弱ってくることで膝に負担がかかり、結果として痛みを生じさせているというケースです。

その場合ですと、膝サポーターを付けることで痛みを緩和させることが可能です。

膝サポーターを付けることで、何かの原因で傷んでしまったじん帯や、膝の周りの筋肉を補助し支えることができます。

その結果、外部からの圧力に対して、ひざのズレやブレを防ぐことが出来ますので、膝の痛みが軽減するという効果があるわけです。

また、冷えることで血行が悪くなり膝が痛むという人の場合も、膝サポーターを付けることで保温効果を期待することが出来ます。

しかし、気をつけないといけないことは、サイズや目的にあわせた膝サポーターを選ばないと、良い効果を期待するどころか悪影響を及ぼす、ということです。

例えば、サイズが合っていない膝サポーターを付けて動くことで、膝にサポーターが当たって痛みが生じるというケースもあります。膝サポーターの素材が合わずに、かぶれてしまうというケースもあります。

もしきちんと選ばないなら、膝を保護するためにつけている膝サポーターで膝がさらに悪化してしまうこともありうるわけです。

また、膝サポーターは、あくまでサポート、つまり支えることを目的としたものなので、膝の痛みを和らげる効果は期待できても、膝そのものを治療するわけではないことに注意してください。