膝の痛みや、関節痛を予防するには?

日々の生活の中でのちょっとした工夫によって行う膝の痛みおよび関節痛の予防についてです。

そもそも膝の痛みや関節痛は、日々の生活における過度の負担によって発生するものですから、意識的にその負担減を試みることによって、それらに痛みを生じさせないための予防は可能です。

たとえば肥満の方の場合、通常体重の人よりも物理的に膝等への負担が増していまいます。

ですから、まず適切なダイエットを行うことで体重そのものを適度なレベルにコントロールし、膝や関節への過剰な負荷を軽減していけば、それが痛みに対してそのまま予防となります。

ダイエットを試みる際には摂取カロリーを制限するのみならず、無理のない程度の軽いウォーキングを積極的に取り入れると、膝の痛みや関節痛予防になお効果があります。

ウォーキングに代表される程よい運動は、血液の循環を良好に補正して冷えを回避し、また関節そのものの動きを滑らかにします。

それゆえ肥満体質の方ばかりではなく、膝の痛み等の悩みを抱えておられる方々全般に対しての基本的な予防法でもあります。

膝に負担をかけないという観点から、日常的に正座を避け、家庭においては椅子を使用したライフスタイルを取り入れることもまた、痛みの予防に最適です。

同じように膝負担を和らげるという意味合いから、何気ない階段の昇降にも相応の注意が必要となってきます。

外出先ではエレベーターやエスカレーターを利用し、もしそれが叶わない場合は手すりを巧みに用いて体重を分散させ、一段一段ゆっくりと一度両足をそろえるようにして階段を移動します。

その際、膝の痛みがない方、あるいは痛みが軽い方の足から歩を進めます。

また、普段から、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸など、軟骨を生成するような成分を沢山摂ることが大切です。